冬だけじゃない!夏こそ本気の保湿で肌荒れを防ごう!

皆さんはお肌が乾燥する時期は冬だけだと思っていませんか?実はこれ大きな間違い!夏こそ乾燥によるダメージが大きい季節なのですよ。

夏は気温が高いことから汗をかいたりたくさんの皮脂が出る為、お肌が潤っていると勘違いしやすいものなのです。

しかし夏はたくさんの紫外線が降り注ぐ季節。この紫外線はメラニン色素を増やすだけではなく、お肌を乾燥させてしまう恐ろしいものです。

表面は潤っているように感じるけどお肌の内部は乾燥している。これが夏のお肌の実態なのです。

だから夏こそ本気の保湿が必要です! 徹底保湿で乾燥に負けないお肌を作りましょう!

まず、お肌の皮膚の下には角質層というものがあります。

角質層は外部刺激からお肌を保護する、水分を蒸発させないようにする役割を持っています。

この角質層に水分が保ててないと、乾燥からくる肌荒れやしわ、たるみの原因となります。

保湿がきちんと出来ていないと様々な肌トラブルが起こります。

逆を言えば、しっかり保湿してお肌の中に水分を保つことが出来れば肌トラブルは起こらないということですね。

保湿と言えば化粧水。ほとんどの方がお肌のお手入れに化粧水を使っていることでしょう。

ではあなたのお手入れ方法は、きちんとお肌の内部まで化粧水が浸透していますか…?

どれだけお手入れしても乾燥肌が改善されない方は、お肌の表面だけが潤っている可能性があります。

お肌の表面だけが潤っていてもお肌の内部まで潤っていなければ潤っているとは言えません。

では、なぜお肌の内部に水分が入っていかないのか?

お肌はターンオーバーが乱れると古い角質が剥がれ落ちずお肌に残ってしまいます。残った古い角質はどんどん蓄積され固くなります。

そうなると、とれだけ化粧水を入れてもお肌の内部には入っていきません。

パサパサに硬くなったスポンジと弾力のある柔らかいスポンジ、どちらがより水分を含むのか考えてみて下さい。
お肌の原理もこのスポンジと同じなのです。

なので古い角質を取り除く事がお肌の内部に潤いを与える秘訣なのです!

通用は洗顔で十分落ちるのですが、ターンオーバーが正常に行われていないお肌は、そう簡単には剥がれ落ちないのです。

そんなお肌の救世主が美容オイル!良質なオイルはお肌にスーッとなじんで、お肌の表面を柔らかくして、水分が入りやすくなります。

美容オイルは洗顔後すぐのお肌に(化粧水を付ける前に)使用しましょう。

水分が弾いてしまわないのか疑問に思う方もいるかもしれませんが、人間の皮脂に近い成分のオイルはなじみが良いので問題ありません。

ベタつきが気になる場合は、美容オイルを付けた後に蒸しタオルやスチーマーで浸透させてから、化粧水を付けると良いですよ。

人間の皮脂に近いオイルはスクワランオイル、ホホバオイル、馬油などがあります。ご自身のお肌に合うものを見つけて下さいね。

このように美容オイルの力でお肌を柔らかくすることで水分たっぷりのお肌になり、ターンオーバーが正常な健康なお肌が出来上がります。

夏だからと言って油断せず、夏だからこそ保湿を徹底して健康的でツヤツヤなお肌を手に入れましょう!

また、ファンデーションにオイルを少し混ぜることで乾燥を防ぐことが出来ます。

スキンケアだけではなく、メイク中にも乾燥ケアが出来るなんて嬉しいですよね。メイク中の乾燥が気になる方は是非お試し下さい。

さぁ!あなたも今日から美容オイルパワーで乾燥対策を!これで今年の夏はウルウル・ツヤツヤなお肌が手に入りますよ!

また、夏のダメージは秋・冬のお肌にも大きな影響を与えます。それも含め夏の保湿はすごく重要ですよ!