花粉やPM2.5で肌が荒れた!ケアの仕方と対処法を教えます!

スギやヒノキの花粉やPM2.5が飛び交うこの時期。アレルギー体質の方には本当につらい時期ですよね。

鼻、目、のどだけではなくお肌も荒れてしまう恐ろしい花粉やPM2.5。

今回はそんな花粉やPM2.5でお肌が荒れた時のケアの仕方と対処法を教えます!

皆さんは春先になると、どんな肌トラブルが出てきますか?乾燥、赤み、湿疹、かゆみ…洗顔や化粧水が沁みるほどの肌荒れを起こす方もいるでしょう。

では、なぜ花粉でここまでの症状が出るのかと言いますと、そもそも花粉やPM2.5はアレルゲン物質です。

そのアレルゲン物質がお肌に付着すると免疫機能が反応し、アレルゲン物質を追い出そうと戦います。

しかし、疲労やストレス等で免疫機能が低下しているとアレルゲン物質を追い出す力が弱くなるので、アレルギー反応を起こし肌荒れが起きます。

だったらお肌に花粉が付かないようにすれば大丈夫では?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。しかし完全に付着しないようにするのは無理です。

出来るだけの対処をしてお肌に花粉が付くのを極力防ぎましょう。

手っ取り早いのはマスクですがマスクのみで顔全体を覆うことは無理ですよね。そこで活躍するのがベースメイクです!

肌荒れ時にメイクをしても大丈夫なのかという疑問もあるでしょうけど、何も付けていないお肌は無防備すぎます。

そんな無防備なお肌に花粉が付いたら、アレルギー反応を起こして肌荒れが悪化するだけ。お肌を守る為にベースメイクは欠かせないのです。

とは言っても、肌トラブルを隠すために厚塗りするのはお肌に良くありません。あくまでも「お肌を守る」ということが目的です。

ベースメイク法としては、下地+パウダーファンデーションまたはルースパウダーを軽く叩くくらいが刺激にもなりにくく丁度良いでしょう。

リッキドやクリームファンデーションは油分が多くお肌に負担がかかるので、使用は控えましょう。

また、アレルギー薬を飲んで内側からも予防すると良いでしょう。とにかく外出時は徹底的に予防することを心掛けましょう。

続いてスキンケア法です。まずは帰宅後すぐにメイクを落とすこと。ベースメイクをしていても100%花粉が付かない訳ではありません。

当然そのままの状態にしていては肌荒れが起きやすくなります。メイクは必ず落として下さい。

オイルクレンジングはお肌に負担がかかりやすいので、ミルクやジェル(水性)タイプのクレンジングを使用しましょう。

手のひらでクレンジング剤を温めてから優しくメイクとなじませ、素早く洗います。

いくらお肌に優しいと言われているクレンジング剤でもそれなりに刺激があるものです。長時間お肌に乗せておくのはやめましょう。

洗顔も同様です。優しく素早く洗いましょう。長時間の洗顔は、お肌に必要な皮脂や水分まで奪ってしまいバリア機能が低下します。

バリア機能が低下すると外部刺激からお肌を守ることが出来ず肌荒れが起きます。これでは何の意味もありませんよね。

洗顔後は3分以内に必ず保湿をして下さい。洗顔後はお肌の中の水分が蒸発しやすくなっています。

低刺激の化粧水でしっかり水分補給をしましょう。その際は手で行ってくださいね。コットンはお肌に刺激になってしまいます。

化粧水が沁みて使えないという方は、低刺激なクリームやワセリンのみで保湿を行って下さい。

最後に低刺激なクリームで蓋をして水分の蒸発を防ぎます。化粧水が沁みて使えない場合は、低刺激なクリームやワセリンのみで保湿しましょう。

以上でスキンケアは終了です。優しいスキンケアと対処で花粉やPM2.5からお肌を守りましょう!