どうして肌が荒れるの?メカニズムを知って肌荒れを根本から治す

肌荒れを治すためにすることと言えば、スペシャルケアをしたり、サプリメントを摂ったり、睡眠をたっぷりと取ったりと、色々あるかと思います。

ですが根本的な原因を治さない限り、肌荒れはとめどなく繰り返すものなのです。

そうならない為にも肌荒れのメカニズムを知って、根本から治すことを考えましょう!今回は肌荒れのメカニズムのお話です。

お肌はとても繊細です。刺激が加わることにより、ニキビや乾燥と言った肌荒れを引き起こしてしまいます。

特にストレスには特に過敏で、その影響はとても大きいものだと言われております。

ストレスは怒りや悲しみ、不安などの感情だけではありません。疲労や睡眠不足、温度や騒音などの外的要因もストレスの一種なのです。

人間の身体と心(脳)は密接に繋がっており、心(脳)がストレスを感じると自立神経が反応します。

過度なストレスや継続的なストレスがかかると自律神経が乱れ、血流障害や免疫低下によりニキビなどの肌荒れが起きます。

そんなストレスによる肌荒れを改善するいちばん良い方法は「ストレス発散」です!

気が済むまで寝るのも良いでしょう。お友達とたくさんおしゃべりするのも良いでしょう。スポーツで汗をかくのも良いですね。

何でも良いので、ご自身がスッキリしたりリラックスできることをしてストレス発散しましょう!

また、お肌のバリア機能が低下しているのも肌荒れの原因のひとつです。

外的刺激からお肌を守るのが、お肌のいちばん上にある皮脂膜と角質層の2つです。このお肌を守る機能のことを「バリア機能」と言います。

しかし、紫外線やシャンプーや石鹸、睡眠不足やストレスなどでバリア機能は弱まっていきます。

バリア機能が弱まると、角質層に水分を保つことが出来にくくなります。いわゆる乾燥肌ですね。

乾燥はすべての肌トラブルの原因と言われています。水分不足のお肌はニキビや毛穴の開き、しみやたるみなどの肌トラブル満載になってしまいます。

また、花粉やダニなどのアレルゲン物質からもお肌を守ることが出来ず、アレルギー反応を起こして敏感肌になってしまいます。

そうならない為にも睡眠をしっかり取ってターンオーバーを促し、肌再生を行いましょう。栄養バランスの良い食事を取ることも大切です。

お肌を保護するクリームやワセリンを塗って、外部刺激からお肌を守ることも必要ですね。

また、過度なスキンケアは余計にお肌を傷めてしまうので、バリア機能の回復が遅れてしまいます。

刺激になるものは一切避け、低刺激の化粧水やクリームで水分と油分を補ってあげましょう。セラミド配合の化粧水は敏感肌にも安心して使えます。

いかがでしたか?肌荒れと言っても根本的な原因を解決しないと治らないということが分かって頂けたでしょうか。

肌荒れのメカニズムは奥深いものです。しかしこのメカニズムを理解することによって、本当に合ったスキンケアや対処法が分かるかと思います。

皆さんの肌荒れが1日でも早く治るように、根本的原因に合ったお手入れをして下さいね!