セラミドとは

きれいなお肌に欠かせないセラミド。皆さんはセラミドをご存知ですか?

最近は乾燥肌や敏感肌の改善に効果的だということで雑誌やブログなどでも取り上げられているので、知っている方も多いかもしれませんね。

セラミドとは、3大保湿因子の1つで角質層に存在します。もともと人間の皮膚に存在します。

角質層は角質細胞が何層にも重なって出来ています。重なり合った角質細胞の間にある細胞間脂質の主成分がセラミドです。

セラミドは脂質ですが水分を保つ働きをします。角質層内の水分の蒸発を防ぐことにより、みずみずしいお肌を保つことが出来ます。

お肌がみずみずしい状態だと、ほこりや花粉と言ったアレルゲン物質や紫外線などの外部刺激からお肌を守る機能が高まり、肌荒れしにくくなります。

また、加齢により減少してしまうという特徴を持っています。50歳代のセラミドの量は、なんと20歳代の約半分とも言われています。

年齢を重ねると乾燥やしみやたるみが現れるのは、セラミドが減少していることが原因です。
減少したセラミドはセラミド配合の化粧品を利用して補ってあげましょう。

しかし一言でセラミドと言っても、いくつかの種類があります。

【天然セラミド】人がもともと持つセラミドの構造に最も似ていて、肌なじみが良く浸透性が高いです。

【植物性セラミド】米ぬか油、小麦胚芽油などから抽出した植物由来のもので、構造は一部異なります。

【バイオセラミド】酵母を利用したもので、人がもともと持つセラミドのいずれかに似た構造を持っています。

【合成類似セラミド】類似した物質を化学的に合成したもので、疑似セラミドとも呼ばれています。

いちばん効果が高いのは、構造が最も似ている天然セラミドです。

セラミド化粧品にはセラミドを補給するものと、セラミドの生成を助けるものがあるので、どちらのタイプが良いのか肌状態に合わせて使用しましょう。

濃度が低いと効果も薄い場合がある為、安すぎるものは注意が必要です。

それぞれの特徴などを理解して、セラミド配合の化粧品を選ぶ基準にしてみて下さい。成分表示に記載されています。

また、上記の加齢による肌トラブルだけではなく、20歳代~40歳代で起こるニキビや乾燥、赤みといった肌トラブルにも効果があります。

敏感肌やアトピー性皮膚炎の方にも、優しく潤いを与え肌状態を安定させる働きがあります。

化粧品の他には食品やサプリメントで補給するという方法もあります。

食品ではこんにゃくや黒豆、ひじきやわかめなどの黒色の食品に多く含まれているので、積極的に摂取すると良いでしょう。

化粧品では顔のお肌への補給がメインとなりますが、食品やサプリメントで体内から摂取することにより全身のお肌への補給が出来ます。

肌トラブルが現れるのは顔のお肌だけではなので、全身のお肌をきれいに保つ為にも経口摂取はおすすめです。

1日に必要なセラミドの量は、600~1200μgと言われています。サプリメントを利用する際は、容量・用法を守って飲んで下さい。

副作用は特にはなく安全性は高いと言えますが、過剰摂取は体の負担になりかねないのでやめましょう。

セラミドはきれいで健康的なお肌を作る為に欠かせない重要なものです。

化粧品や食事など普段の生活に取入れやすいものなので、肌荒れにお悩みの方は是非使用してみて下さい。

1.メンズコスメ 通販ガイド[メンズスキンケアにかかせない人気の男性化粧品ブランド/通販サイトを紹介]
男性だって美意識高く!スキンケアならこのサイト!

2.水素水お試し隊 | メディアで話題の『水素水デトックス』を比較体験してみました。 
今の注目は水素水!水素水について知りたいならこちらが便利

3.正しいエイジングケアの方法講座
皆の悲願!?アンチエイジングやダイエットを目指すならここ

4.美白化粧品安いのは効果あるの?市販ものの売れ筋など
美白したい方必見!安価な美白化粧品を探るならこちらも一案

5.男のアンチエイジング体験隊【メンズコスメ/スキンケア/スカルプケア/メタボ対策 他】
働き盛り世代の男性がアンチエイジングを目指すなら要チェック!

6.ファンデーション選びの手引書~ファンデーション作法~
女性なら大事!ファンデーションに関することならここで決まり

7.男の脱毛、ムダ毛処理 – 毛深い悩みを解決
男も気を使いたい!ムダ毛処理の情報はこのサイトで探ろう