いちばん大切なのは洗顔って知っていた?肌荒れを治す洗顔法

お肌をきれいに保つ為にいちばん大切なこと、それはズバリ「洗顔」です。

洗顔できちんと汚れを落としていなければ、どれだけ化粧水や美容液を付けたとしてもお肌に入っていきません。

それどころか、お肌に残った汚れのせいで肌荒れを起こしてしまいます。

さあ、あなたも正しい洗顔法をマスターして肌荒れのないツルツルお肌を手に入れましょう!

まずは手をきれいに洗いましょう。手が汚れたまま洗顔するのは、汚れた洗顔料で洗っているのと一緒です。

続いて洗顔料を泡立てます。泡立ての目安は角が立つくらい、逆さまにしても落ちないくらいに泡立てましょう。

泡立てネットを使うと簡単に出来ますよ。

しっかりと泡立てたら本題の洗顔です。Tゾーン→顎→頬の順番に皮脂の多いところから洗います。

ここでポイントなのがゴシゴシ擦らないことです。肌はとてもデリケートです。強い力を与えるとお肌を傷めてしまいます。

泡をクッションにしてお肌と手が触れないように優しく洗いましょう。

また、洗顔時間が長いのもお肌を傷める要因です。

汚れを落とさなくちゃと長い時間洗顔していると、お肌に必要な皮脂や角質層の中の保湿成分も奪われてしまいます。

そうなるとバリア機能が低下し肌荒れを起こしてしまうので、過度な洗顔はやめましょう。

洗い終わったらぬるま湯ですすぎます。温度は33度~36度くらい、ひと肌より少し低い温度が理想です。

流水で最低20回はすすぎましょう。ここでのポイントは流水でということです。シャワーを直接顔にかけてすすぐのは絶対やめましょう。

シャワーの水圧はお肌にとっては大きな刺激になります。更にしわやたるみの原因にもなるのでやめましょう。

また、すすぎ残しも肌荒れの大きな原因となります。小鼻や生え際、フェイスラインはすすぎ忘れが多いので気を付けましょう。

すすぎ終わったらタオルで優しく抑えるように水分を拭きます。ここでも大切なのはゴシゴシ擦らないこと!

どの工程でもゴシゴシは厳禁ということです。

以上が正しい洗顔方法となります。

上記でも述べたとおりゴシゴシと過度な洗顔をすると必要な皮脂や角質層の中の保湿成分まで奪われてしまいます。

そうなると外部刺激からお肌を守ろうと角質層がどんどん厚くなっていき、ニキビなどの肌トラブルが出てきます。

それから補足ですが、洗顔後はすぐに保湿をして下さいね。洗顔後の肌は角質層の水分が蒸発して乾燥しやすくなっています。

3分以内には必ず保湿をして下さいね。

正しい洗顔法を行うことによって肌トラブルは格段に減ります。まずは1ヶ月試してみて下さい!肌の違いが実感できるはずです!

正しい洗顔法はそんなに難しいものではありません。むしろ今までゴシゴシしていたのをしなくて済むので、楽になるかもしれませんね。