あなたのケア間違っていない?肌荒れ時の正しいケア法

お肌が荒れた時、あなたはどんなケアをしていますか?

ニキビが出来たら殺菌?肌がごわついたらピーリング?乾燥したら化粧水を叩き込む?あなたのケア間違っているかもしれません。

間違ったケアは余計に肌荒れを引き起こしてしまいます。毎日頑張っているケアで肌荒れを引き起こすなんて悲しいですよね。

今回はそんな肌荒れ時の正しいケア法をお伝えしますね!

上記で述べたお手入れ法、すべて間違っている訳ではないのです。

ニキビはアクネ菌が元で出来るものだから殺菌する、肌がごわつくのは古い角質が溜まっているからピーリングをする。

これらは一概に間違えとは言えないのです。

でもちょっと待って!!同じニキビでもごわつきでも、原因がいろいろあるのをご存知ですか?

この原因を分かっていないと間違ったケアをしてしまい、どんどん肌荒れが酷くなるばかりなのです。

例えばニキビ。あなたのニキビは思春期ニキビですか?大人ニキビですか?

思春期ニキビは上記で述べたようにアクネ菌が原因です。アクネ菌の好物は皮脂で、その皮脂を取り除いて殺菌することが主なケア方法となります。

しかし、大人ニキビの原因は乾燥やストレス、ホルモンバランスの乱れによることが原因とされています。

このような原因で出来たニキビに皮脂を取り除いて殺菌をするケアをしたところで、乾燥して余計にニキビが悪化してしまいます。

間違ったケアは危険だということをお分かり頂けたでしょうか?間違ったケアをしない為には、肌荒れの原因をしっかり把握することです。

化粧品が合わない、花粉、空調などによる外因性のものなのか、ストレス、便秘、睡眠不足などの内因性のもの
になのか…

肌荒れを起こした時の状況をよく考えてみましょう。

原因が分かったらケアの仕方が見えてきます。そうなればあとは根気よくお手入れをすることが大切と言えるでしょう。

ただし、どんな肌荒れの場合でも共通して言えることがあります。それは「優しくケアをすること」です!

肌荒れしているお肌は何かしらのダメージを受けて弱っている状態です。

ただでさえお肌はもともとデリケートですから、ダメージを受けているお肌はもっとデリケートになっているのです。

そんな時に強く擦ったり、叩いたり、また強い化粧品を使ったりと刺激を与えるようなことをしたら、もっとお肌に負担がかかってしまいますよね。

お手入れする際は、すべての工程において優しく、極力刺激を与えないように注意しましょう。

意外な落とし穴なのがメイク道具です。スポンジやパフ、ブラシなどは定期的に洗浄していますか?

汚れたまま使用するのは汚れをお肌に付けているのと同じことで、とても不衛生でお肌に良くありません。

最低でも4~7日に1回は専用のクリーナーで洗浄しましょう。

いかがでしたか?間違ったケアは自分自身でお肌を傷めつけているのと同じことです。

きれいなお肌になりたいのであれば、しっかり原因を把握して正しいお手入れをしましょうね。