肌荒れは女性の大敵!悩めるあなたに伝えておきたい事

肌荒れってつらいですよね。特に季節の変わり目は肌荒れが起こりやすいものです。化粧ものらないし、メイクで隠しきれないと見た目にも嫌…せっかくのおしゃれも台無しですよね。

もっと酷くなると痒みや痛み等も出てきてしまい、メイクする事するつらい…もう憂鬱な気分にしかなりませんよね。

しかし!お肌の状態に合ったスキンケアを行えば肌はきちんと答えてくれます! 間違ったスキンケアを行わない事、これが肌荒れを改善する近道なのです!

肌荒れしたからといって、基礎化粧品をあれこれと試してみたり、たくさんの種類を付けてみたり、ご自身の肌質をきちんと把握していないのも肌荒れを悪化させる理由の1つです。

例えば、皮脂がたくさん出るから脂性肌と思っていても、本当は乾燥肌だったというケース。実はいちばん勘違いされやすいのがこのケースです。

人間の肌はもともと自力でお肌を潤す力を持っています。乾燥を感じると皮脂を出して肌を潤そうとします。言わば天然の保湿剤ですね。

しかし、この皮脂を脂性肌と勘違いしてさっぱり系のスキンケアや、化粧水のみのケアにしているとどんどん乾燥が進み、いつまで経っても肌荒れが改善しない、まさに肌荒れの無限ループにはまった状態になってしまいます。

だから肌質を知ることがとても重要なのです。肌質をきちんと把握して、正しいスキンケアを行いましょう。

肌質の見分け方とスキンケア法

肌質は大きく分けて、脂性肌・普通肌・乾燥肌・敏感肌の4種類あります。

ますは脂性肌。全体的に皮脂が多く、毛穴が開いてニキビもできやすく、皮脂量・水分量が共に多い肌質です。汚れが付きやすいのでしっかり洗顔をし、洗顔後は必ず保湿をしましょう。

続いて普通肌。Tゾーンはやや皮脂量が多いが、全体的にバランスが取れている肌質です。全体的にしっかり保湿をした後にTゾーンのみ収れん化粧水を使用するのも良いでしょう。全体的にさっぱり系を使用するのは乾燥を招くので注意が必要です。

そして手ごわいのが乾燥肌。全体的にカサカサして艶がなく、肌荒れしやすい肌質です。皮脂量・水分量が共に少なく、しわができやすいです。乾燥が進むとバリア機能が弱ってしまいトラブルが起きやすい為、しっかり水分を入れ込んで、クリームで蓋をしましょう。

いちばんつらいのが敏感肌。化粧品が合わない、かぶれやすい、言わばアレルギー反応を起こしている肌質です。食生活やストレス、花粉等の外部からの刺激で肌荒れを起こしてしまいます。化粧水もしみて付けられない場合は、ワセリンや馬油等の刺激の少ないもので保湿をしましょう。

さて、4種類の肌質の特徴とスキンケア法を簡単にご説明しましたがどの肌質にも共通点がある事にお気付きになられましたか?

そうです!どんな肌質でも保湿が重要という事です。保湿をしないと角質層が潤わなくなり、肌理が乱れ肌荒れが起こります。

これでもか!っていうくらい水分を入れ込んで、最後に乳液やクリームで蓋をする!「水分不足=肌荒れを起こす」という事をふまえたスキンケアをしましょう。

肌のバリア機能を高めて肌荒れしない健康肌を作ろう!

健康なお肌はバリア機能のおかげで様々な刺激から守られているが、バリア機能が低下すると肌トラブルが起こってしまいます。

生活習慣やスキンケアを改善しバリア機能を高めて肌荒れのない健康なお肌を作りましょう。

どうして肌が荒れるの?メカニズムを知って肌荒れを根本から治す

肌荒れは根本的な原因を治さない限りとめどなく繰り返すもの。肌荒れのメカニズムを知って、根本から治すことを考えましょう!

肌荒れのメカニズムを理解して、根本的原因に合ったお手入れをして下さいね!

すごいぞ和食!和食生活にすれば肌荒れは改善できる!

添加物たっぷりの食事を日常的に取り続けることで肝臓や腸などに悪い影響を及ぼし、肌荒れを起こします。

食生活を見直して、栄養たっぷりの和食に変えて、体の中からきれいになりましょう。

あなたのケア間違っていない?肌荒れ時の正しいケア法

間違ったケアは余計に肌荒れを引き起こしてしまいます。肌荒れには様々な原因があります。しっかり原因を把握して正しいお手入れをしましょう。

デリケートなお肌、優しくケアして肌荒れを治しましょう。